第4次ペイント指導員養成講座、東京へ行ってきましたーその3

190922指導員講座チラシ-1

午前中は、プロジェクタースクリーンを見ながら、

トールペイントの歴史についての話。

午後はリキテックス絵具を使っての実習です。

リキテックスは、美術系の方ならよくご存じなのでしょうけど、

Sa・Kuxuは初めて使いました。

このソフトタイプは出してみたところ、

セラムコートやアメリカーナと同じくらいの乳液状で、

(レギュラータイプはもう少し硬めだそうです)

扱いやすかったです。

色も鮮やかで、

水でかなり薄めてもきれいに色が残りました。

セラムコートやアメリカーナでは廃番色が多く、

これからも廃番色が出るだろう、自分で色を作ることが大事になる、

その点、リキテックスならかなりの近似色が出来る、らしいです。

その辺は、別の講座で勉強するみたいです。

「その前のウォーミングアップです、

お題は○○と○○です、リキテックスで、

ちょっと水彩画風に描いてみましょう、

○○は適当でいいですよ」と、軽やかに先生はおっしゃるのですが。

その「適当」が難しいのです(笑)。

出来上がった絵は、これまたみごとに、

それぞれ違う絵になりました。

かわいい絵、おしゃれな絵、モダンな絵などなど。

あ、あの絵いいなあ、と思うものばかりでした。

続く。

*これらは、Sa・Kuxuの個人的感想です。

下のバナーをクリックすると、

Sa・Kuxuの商品一覧ページ(GALLERY)を見ることができます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。