「京都とっておきの芸術祭」を見てきました

今日から京都市勧業館みやこめっせで開催の

「京都とっておきの芸術祭」に行ってきました。

今年で24回目、京都障害者芸術祭実行委員会が主催です。

障害のある方々の工芸品が出展されています。

総数は708点、特に絵画はパンフレットによれば396点だそうで、

多彩な表現があって、とても楽しめました。

ほかにも書や俳句や川柳、写真や陶芸部門もあり、

きれいなもの、ほほえましいもの、独特の色使いのもの、

いろいろありました。

手芸も好きなので、諸工芸の部門もじっくり見てきました。

バッグ、折り紙、刺しゅう、刺し子、タペストリー、

切り絵、陶芸、人形、粘土、木工品、がま口など、

流行のハーバリウムやスクラッチアートもあって、

こちらも印象に残るものが多かったです。

さをり織の作品展示と体験ができるコーナーでは、

実際にお客さんが何人か体験していました。

この芸術祭は11/29(木)~12/2(日)開催です。

みやこめっせは、平安神宮やロームシアター京都の近く、

岡崎公園の一角にあります。

詳しくはみやこめっせのホームページ、イベント情報をご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。