着物生地からスクエアポーチを作る-3出来上がり

着物をほどいて、その生地から四角いポーチを作る、その3です。

ファスナーを付けた後は、中表にして、

それぞれ内布同士、表布同士のサイドを縫います。

タブもこの時一緒に縫います。

返し口として、内布側の一部を縫わずにおいておきます。

それぞれ底のマチを作ります。

180402着物リメイク-1

180402着物リメイク-1

返し口からひっくり返して、返し口を閉じます。

ミシンで縫ってもいいのですが、Sa・Kuxuはたいてい「はしご縫い」で、

縫い目が見えないよう手縫いで閉じます。

「はしごまつり」「コの字閉じ」とも言われる縫い方です。

180402着物リメイク-2

180402着物リメイク-2

180402着物リメイク-3

180402着物リメイク-3

180402着物リメイク-4

180402着物リメイク-4

内布を中に入れて出来上がり。

内ポケットはこんな感じです。

キルト綿でほどよくふっくらとした手触りになりました。

タブを付けると、ファスナーを引くときやりやすいし、

ちょっと持つ時やフックなどに引っ掛ける時にも便利ですから、

Sa・Kuxuはタブを付けるデザインにしています。

 

下のバナーをクリックすると、

Sa・Kuxuの商品一覧ページを見ることができます。

★minne(ミンネ)に移行しました。

作家名「sakuxu180222」です。

tetoteでの購入受付は終了しましたが、ページを見ることは出来ます。

2018年6月25日(月) 正午サービス・メールサポート終了です。★

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ペイントへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。